独学!参考書・問題集

通関士試験は、市販の参考書(テキスト)・問題集を使用しての独学でも十分に合格を狙えます。
ここに鬼通関の主観に基づいた論評を紹介させて頂きますので、ご購入前の参考にして下さい。

参考書(テキスト)

第1位
■通関士完全攻略ガイド ヒューマンアカデミー著
2017年度版
どんなハードな学習にも耐えうる、現時点では最も良くできた参考書だと思います。
本文中に「理解のポイント」と題された補足説明がかなりの頻度で出てきますし、本の両端のスペースにはワンポイントアドバイスや難しい用語の解説も載っています。
巻末に収録されている練習問題も要点を押さえたなかなかに手応えがあるもので、参考書としての完成度はかなり高いと言ってよいでしょう。
ただ1つの難点は、近年の通関士試験の難化傾向を意識しすぎるあまり、関連する法令の条文を軒並み掲載しようとしていることです。
明らかに年を追うごとに本が分厚くなっており、重要な学習事項の取捨選択が難しくなる傾向にあります。
もう少し学習内容の階層や重要事項の順位が明確にされれば、完全無欠の参考書になると思います。

第2位
■通関士試験合格ハンドブック 片山立志著
2017年度版
通関士受験指導の先駆者・片山立志氏執筆の一冊であり、鬼通関を合格させた参考書でもあります。
初心者の方でも十分に理解できるように重要な点を確実に押さえるよう配慮された参考書ですが、詳細に解説がなされている箇所とそうでない箇所の差が目についてしまうことがあります。

第3位
■通関士試験の指針 日本関税協会編
近年はかなり砕けた表現が使用され、わかりやすい内容になってきました。
ただ、法令の条文についてのアナウンスを行い、それについて理解を求めるという基本スタンスは依然変わっていないように感じられます。
法律の条文をベースに話が進められていくわけですから、現在通関業務に従事されている方にとっては、最も頭に入ってきやすい参考書なのかもしれません。

第4位
■通関士スピードテキスト TAC通関士講座著
2017年度版
学習内容がかなり集約・要約された参考書で、分厚さがヒューマンの半分程度しかありません。
確かにいきなり細部まで突き詰める学習は余計な混乱を招く恐れがあり、「まずはしっかり全体像を掴む」という観点に立つのであればこの参考書は有効かもしれません。
ただ本試験対策となるとこれ一冊では難しく、後々他の参考書や法令の原文等を調べる必要が出てくるでしょう。

第5位
■通関士試験 得点源の解説 寺尾秀雄著
法律の条文を読むこととあまり変わらず、内容全体において箇条書きの連続という感が否めません。
初心者が理解するにはかなりハードであると思います。
ある程度通関士試験の内容を理解している上級者向けと言って良いでしょう。

問題集

問題集は本によって収録内容が異なりますので、順位付けは行いません。
(ただ、おすすめのものから順番に記してはいます。)

■通関士試験問題・解説集 日本関税協会編
直近過去3年分の本試験問題と、過去15年分の問題を網羅したものがテーマごとに収録されており、市販されている問題集の中ではその収録数が群を抜いています。
解説は決して易しいと言えるものではありませんが、全ての選択肢に対して解答の根拠となる条文が掲載されていますので、「なぜその答えになるのか」という点を追求するクセが身につきます。
初心者の方には取っ付きにくいかもしれませんが、ハマりさえすれば最も威力を発揮する問題集だと思います。

■どこでもできる通関士選択式徹底対策 片山立志著
2017年度版
語群選択式(穴埋め問題)に特化した問題集です。
穴埋め問題なので解答は法令の条文になるわけですが、本書では相関関係を表した図解が多く掲載されており、イメージで学習できるような工夫がなされています。
丸覚えが苦手な人でも最後まで完遂しやすいのではないでしょうか。
そして何よりこの本の特徴はポケットサイズであるということです。
本当にポケットに入れるのは難しいかもしれませんが、カバンにいれて邪魔にならないのは本書だけ。
通勤・通学時間や昼食時間等のスキマ時間をフルに活用することができます。

■通関士過去問スピードマスター TAC通関士講座著
2017年度版
10年分の過去問題を分析。
択一式で出題される問題文を羅列し○×で応えさせる形式、これが本の約半分を占めます。
関税協会の問題集でも採用されている形式で、問題をシャワーのように浴びるという点で非常に有効ですが、問題の収録数は関税協会のものよりも少ないです。
解説は可もなく不可もなく、一般的といったところ。
あとは直近1年分の本試験問題、語群選択式問題、輸出入申告書問題が収録されていますが、語群選択式の収録数があまりにも少なすぎるのが残念です。

■通関士試験テーマ別問題集 片山立志著
各学習内容に対応する問題が一問ずつ掲載され、それに対しての最低限の解説が記述されています。
突っ込んだ学習には向いていないという印象ですが、学習した内容の総点検、整理という面では有用な問題集と言えると思います。

■通関士過去問題集 ヒューマンアカデミー著
2017年度版
本の約3分の1がの計算問題と申告書問題になっていますので、こちらを重点的に学習したい方向けの問題集だと言えます。
択一式・語群選択式に関しては、「過去の全ての本試験問題を精査のうえ重複問題を統合」しているせいか、本の分厚さの割には収録数に物足りなさを感じます。
参考書があそこまで細部を網羅するのなら、問題集もそれに見合った内容にしても良かったのではないかと思います。

■通関士試験ゼロからの申告書 日本関税協会編
輸出入申告書のみを取り上げた問題集。
申告書類作成問題におけるルール(法則)について段階を経て解説されますので、訳が分からず手を付けられないという方にとっては重宝する問題集です。
そこまで困っていないという方は過去問題で十分であり、この問題集を別途購入する必要はないと考えます。

■「通関実務」集中対策問題集 ヒューマンアカデミー著
輸出入申告書の例題が8割を占めます。
過去問題だけでは物足りないという方には有用な問題集です。
残り2割は課税価格の算入要素と品目分類に関する記述になっていますが、課税価格の算入要素については基本通達をそのまま掲載しただけ、品目分類については一覧表を掲載しただけ、といった感が拭えません。

■TOKOTON計算問題 日本関税協会編
課税価格、修正申告、更正の請求、延滞税、加算税などの計算問題を収録した問題集ですが、過去問題を解くなら別途購入する必要は全くないと考えます。

■TOKOTON関税評価 日本関税協会編
基本通達の条文の穴埋めの問題を多数掲載するなど、およそ試験対策とはかけ離れた内容となっています。
試験とは関係ないところで関税評価を極めたい方向けの本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加