0からの通関士試験(HOME)

通関士・通関士試験についての情報を掲載

当サイト「0からの通関士試験」をご覧頂いている以上は、「通関士」又は「通関士試験」に関連する情報をお探しのことと思います。
「通関士」という資格自体をあまり良く知らないという方も決して少なくはないと思いますので、当サイトではそこから解説を始めたいと思います。
(筆者鬼通関もここからスタートしました!)
貿易実務検定、国際複合輸送士、 IATAディプロマ試験 (国際航空貨物取扱士)、JETRO認定貿易アドバイザーなど、貿易に関連する資格は数多くありますが、「通関士」はその中でも唯一の国家資格とされ、昭和42年(1967年)に制定された通関業法により、通関業者制度と共に誕生しました。
従って「通関士」を理解するためには、まずこの「通関業者」の存在について理解しておく必要があります。

1.通関業者について

日本では輸出貨物について税金が課されることはありませんが、輸入貨物については関税が課されます。
元来この関税は、全て賦課課税方式のみによって課されていました。
税関が輸入貨物の関税額を計算し、その支払いを納税義務者(輸入者)に通知していたのです。
しかし急速な貿易の発展により、日本に輸入される貨物の量は増加の一途を辿り、税関だけでそれら全ての関税の計算を行うことは不可能な状況となってきました。
これを受け、賦課課税方式に代えて申告納税方式が導入されることとなります。
要は輸入貨物の関税額を納税義務者(輸入者)自身に申告させ、税関はその内容を審査するだけにしたのです。
ところがそれまで税関が独占的に行っていた専門業務を、いきなり納税義務者(輸入者)にヘッジすることなどほとんど不可能です。
そこで通関手続のプロである通関業者制度を確立し、通関業者に納税義務者(輸入者)の代理申告をさせることによって、それまでと変わらない関税の徴収体制を維持しようとしたのです。
現在では賦課課税方式が適用される一部の聖域を残しながらも、それ以外の貨物については全て申告納税方式が適用されることになっています。

一方、会社又は個人が貨物を外国へ輸出する場合、若しくは貨物を外国から輸入する場合は、原則として税関に輸出入申告を行い、輸出入許可を受けなければならないことが法律で定められています。
輸入申告の場合は先に述べた関税の納税に係る申告も同時に行わなければなりません。
これらの申告が1~2回で済むのであれば、会社又は個人自身で色々と調べ物をしながらじっくり時間を掛けて通関手続を済ませることも可能でしょう。
しかし外国との貿易を恒常的に行っているような会社だとそうはいきません。
輸出入申告の回数が膨大なものになる上、輸出入申告書類の作成、関税額の計算、又は税関との折衝に専門的な知識が必要となるからです。
従ってこういった会社では、自社内に通関専門の部署を別途設立するか、通関手続を通関業者に依頼するのが通例となっています。
これでお分かりのように、通関業者とは他社の通関手続の代理・代行を本業とする会社なのです。
(実際には代理・代行業務だけで運営している会社はごく少数で、ほとんどが倉庫会社や運送会社を兼営しています。)

2.通関士について

さて、ここでいよいよ「通関士」の出番となります。
通関業者は税関長による許可制により営業を開始することができるのですが、通関士を置かない通関業者は原則として通関業の許可を受けることができません。
さらに通関業者が依頼主を代理・代行して輸出入申告を行う際には、通関士に輸出入申告書の内容を審査させ、記名押印をさせなければならないことまで法律で定められています。
現在では手書きの輸出入申告書を作成することはほとんどなく、NACCSという専用のオンラインシステムを利用して輸出入申告を行うのですが、通関士個人に割り振られたIDナンバーとパスワードを入力しなければエラーがかかって輸出入申告ができないしくみになっています。

このように通関士とは、いなければ通関業者は開業すらできない、又は通関書類の最終審査権限を持つ、とても責任ある職業です。
通関書類の最終審査権限を持つということは、やはりそれ相応の幅広い知識を有していることが求められますが、こればかりは実務を通して体得する以外に方法はなく、非常に極めがいのある職業だと鬼通関は思っています。

| 通関士の需要>

☆☆☆ Pay Attention!! ☆☆☆

■鬼通関完全執筆教材「通関士クライマー」好評販売中

執筆期間丸3年、鬼通関自身が経験した「初心者が必ずぶつかる障害」を極力排除すべく、「理解しやすい学習順序」「詳細な解説」に最も注力した教材となっています!

| にほんブログ村 | ビジネス・仕事ランキング | とれまが | 検索エンジン【WODGE】 |
| 中国留学プラス通関士でスキルアップ | インバスケット |